料理の評価について

料理の評価について

古くは世界の三大料理といえば欧米人の評価では、フレンチ、中華料理、トルコ料理が数えられておりましたが、これは当時のイギリスを代表するヨーロッパ人とアメリカ人の考える評価でしたから余り正しいとは言い切れません。

 

 

 

当時の一部の料理評論家や食通の方たちの狭い範囲の意見が反映されていたと思われます。これらが評価された要因には、いずれの国も古い伝統と歴史の宮廷や貴族社会の背景があったことで高い評価を得られたと考えられます。

 

錦糸町の居酒屋 飲み放題付きで3000円以下のお店

 

現代での世界三大料理に対する論争はエスカレートされておりますが、トルコ料理はヨーロッパ人から見ればタイ料理と並んでオリエンタルでエキゾチックに映った事が高い特典を得た原因になっています。

 

北新地 バー

 

最近はミシェランの料理番付雑誌が話題になっておりますが、これはフランスの自動車のタイヤメーカであるミシェランが自動車で旅行する人を増やす意図でドライブを誘うための宣伝効果を狙って発行した観光マップ雑誌です。

 

難波 ホルモン

 

ミシェランが出した雑誌が観光客のガイドブックとして便利なツールになったことが発端となり、フランスを訪れるアメリカ人や日本人に知られるようになったものです。しかし、本当の料理の評価は雑誌の調査員や編集者が決めるものではなく、自然に多くの料理通の方々に高い評価を得て初めて認められるべきものです。

 

二代目魚魚一 (とといち) 九州料理×個室居酒屋 錦糸町店

 

フランスや日本の京都の有名店や香港の有名店では、ミシェランからの評価を断ったケースも結構あるようです。因みに最近のミシェランの評価の順番では、星の数の多さ順ではフランス料理、日本料理、中華料理、イタリア料理、インド料理の順番になどが多くなっており、トルコ料理は低くなっています。