飲食店開業時の資金について

飲食店開業時の資金について

飲食店のオーナーを志す人も多いですが、しかし実際のところ、「先立つもの」のメドがどうしても立たずに、途中で挫折し、夢をあきらめてしまう人も多いです。

 

その意味では、飲食店のオーナーになるということは、それだけ苦難の道のりでもあるということです。つまりそれだけお金がかかるということになります。

 

実際、小さなマイホームをつくるのと同程度の資金が必要になると考えられるのが、飲食店の開業資金の相場であり、そうなると、自分のおうちがほしくてもそう簡単に買えるものではないと考える多くの人々が、「飲食店なんてとてもではないけれど開業させることなんてできない」と考えるはずです。

 

しかし、必ずしもそんなに高額な初期投資をする必要がないという考え方も十分可能なのです。

 

抑えようと思えばいくらでも抑えることができるのが、飲食店の開業費用です。

 

その意味では、「飲食店だからお金がかかる」のではなく、飲食店だからこそ、開業資金を抑えることができるのです。

 

ぶっちゃけた話をすれば、抑えようと思えば200万程度で飲食店を開業することも夢ではありません。

 

そのためにも、まずは「居抜き物件」を借りて店舗とすることが重要です。居抜き物件というのは、それ以前に入っていたお店で使っていた設備をそのまま使える物件のことです。

 

内装も外装もそのまま、備品も当然そのまま活用するということになれば、店舗自体にかかってくる費用はかなり抑えることができるはずです。

 

他にも、国から下りる助成金を借りることで、自己資産を削り取ることを軽減することができます。