優れた料理技術は最高のアート

優れた料理技術は最高のアート

世界のあらゆる料理が食べられる東京は世界の中でも最高のグルメ天国かも知れません。ミッシェランノの日本の飲食店評価においても世界の中でも飲食店の数と種類の多さでは東京は世界一だそうです。

 

 

 

また、高級店から価格の安い大衆グルメなどが幅広く有り、どの層のお客さまに足しても対応している大都市と言えます。最高級の飲食店は、特に日本の懐石料理などの調理技術もフランスやイタリーの最高級のレストランなどに負けない奥の深さと卓越した技術を持っており、フランスの三つ星レストランのシェフ達も日本の懐石料理から多くの技術を学んでいるほどです。

 

 

 

特に、日本料理の匠たちの創りだす絶妙な昆布出汁や鰹だしの繊細な味の感覚には驚かされ、最近のフレンチやイタリアンの有名シェフ達も取り入れています。

 

お店ってどこがいいか迷いますよね。赤坂見附 居酒屋は何を食べても美味しいのでうれしいです。

 

世界の料理技術の中で最も優れた調理技術を誇っているのは、フランス料理、中国料理、に加えて日本の懐石料理が最高とされております。最近はイタリアンの人気も上がってきておりますが、調理技術の繊細さに於いてはフレンチが一歩リードしていると言えます。

 

萬屋 -ばんや- 吉祥寺店

 

本物の最高レベル料理において共通しているところは、第一にその地域で取れる旬の魚介類や肉類、野菜などの食材に対するこだわりが第一になります。この最高の食材の持つ自然の風味や食感、味を最高レベルまでに引き出すうことが出来る技術と、最高のタイミングで視覚的にも美しさと美味感を演出するセンスがものを言います。

 

 

 

その様な技術と食材に対する知識を身につけるためには長年の修行に加えて何よりも料理に対する情熱が大切です。とくに、日本料理の匠の技術で重要なのは立板の包丁技術一つで刺身をはじめ野菜でも全ての食材の食感や風味が違ってきます。

 

料理をアートにたとえれば、あらゆる芸術の中でも最も奥の深い、しかも作品として後には残らないが人々に感動と喜びを与える最高のアートといえるかも知れません。