美味しいうどん

美味しいうどん

うどんと言うと、手軽で簡単。

風邪を引いた時に良く煮込んだ煮込みうどんを食べると
心も体も温まってすぐに元気になりそう。

 

そんなイメージがありますよね。

 

六本木 貸切

 

きつねうどんにたぬきうどん、
動物の名前がついてる料理も珍しいものです。

 

昨日の夜、食べ残したカレーをかけたら
それはそれはとっても美味しいカレーうどんに早変わり。

 

てんぷらが乗ったらてんぷらうどん、
生卵を割って入れたら月見うどん、
お餅が入ったら力うどん、
あんをかけたらあんかけうどん。

 

 

 

その種類は果てしない〜。

 

うどんと言えば、四国の香川が思い浮かびます。

 

香川の人は一日に一回はうどんを食べるとも聞きます。

 

それだけうどんが身近と言うことですが、
お値段も非常にお手軽なんだとか。

 

それでもそのお味も美味しくなければ
そんなに食べ続けられないでしょう。

 

ここの難波 居酒屋はスタッフの雰囲気が良いので落ち着きます。

 

そんな香川であるけれど、
何故かネーミングが香川うどんではなく讃岐うどんというんですよね。

 

香川県は讃岐うどんの名前に特許権をつけなかったため、
香川産、香川式のうどんでなくても讃岐うどんと命名するうどんは数多く存在しているんだとか。

 

 

 

この讃岐うどん、今ひとつ美味しくないな、
と思ったら、
それは名前だけのエセ讃岐うどんなのかもしれません。

 

 

 

そんな讃岐うどんであっても、
茹で方、茹でた後の洗い方で味が変わってしまうもの。

 

しっかりと基本は守りたいものです。

 

うどんばかりが美味しくても、
うどんをつけるタレや汁も大切です。

 

だしからしっかりとって、
美味しいお汁でいただきたいですね。